文字サイズの変更
標準
閉じる

九州工業大学が小型衛星分野で2018年に続き世界1位!

更新日:2019.02.20

宇宙産業に関する調査で世界的に知られる「Bryce Space and Technology」(米国バージニア州)が発行したレポート「Smallsats by the Numbers 2019」によると、運用する小型・超小型衛星の数において、本学は大学・学術機関の中で世界1位となりました。これは2018年に続いての1位となります。

2012-2018年の間に打ち上げ・運用された600kg以下の衛星のうち、本学は13基で世界1位、2位にはベルリン工科大学(ドイツ)、コロラド大学ボルダー校(米国)、清華大学(中国)が8基、サンノゼ州立大学(米国)が7基、トロント大学(カナダ)、南洋理工大学(シンガポール)、カルポリ エアロスペースなどが6基で並んでいます。

なお、2019年には本学からすでに1基の衛星が軌道上に送り込まれ、2019年中に更に3基が軌道上に投入される予定です。

◇レポート:Smallsats by the Numbers 2019 はこちら (Bryce ウェブサイトへ)


Smallsats by the Numbers 2019

Smallsats by the Numbers 2019


大学・学術機関が運用する衛星数

大学・学術機関が運用する衛星数


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ