文字サイズの変更
標準
閉じる

生命体工学研究科で平成30年度第2回目さくらサイエンスプログラムを実施しました

更新日:2019.02.06

2018年12月9日(日)~18日(火)、若松キャンパスにおいて、マレーシアプトラ大学から7名、中国科学院都市環境研究所から5名の教員、研究者及び大学院生を招聘して、さくらサイエンスの科学技術研修コースを実施しました。

本コースでは、アジア諸国が抱える環境問題の解決促進を図るため、九州工業大学所有の次世代シーケンサー、リアルタイムPCR、走査型電子顕微鏡、マイクロプレートリーダー、高性能核磁気共鳴装置など先端機器を活用し、研究データ取得の時間短縮を可能とする共同研究体制の基盤を構築しました。

また、15,16日に開催されたマレーシアプトラ大学との国際シンポジウムにも参加し、発表や意見交換を通じて様々な研究者との交流を深めました。


応用化学科にて、柘植顕彦教授による講義

応用化学科にて、柘植顕彦教授による講義


Asyifah博士による次世代シーケンサー研修

Asyifah博士による次世代シーケンサー研修


懇親会後の集合写真

懇親会後の集合写真


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ