文字サイズの変更
標準
閉じる

九工大・マレーシアプトラ大学国際合同シンポジウム(SAES2018)を開催しました

更新日:2018.12.27

 2013年から毎年開催し、今年で6回目となる本学とマレーシア・プトラ大学(UPM)との国際合同シンポジウム(The 6th Symposium on Applied Engineering and Sciences : SAES2018)を12月15日~16日の2日間に渡り、本学の戸畑キャンパスで開催しました。

 プレナリーセッション、基調講演、オーラル発表、ポスター発表では、日本・マレーシアのみならず、韓国、台湾からの研究者も参加し、参加人数は160名を超える規模となりました。

 また、今回は昨年度より開始した本学研究者とUPM研究者によるジョイント・リサーチプログラムの報告会を実施するとともに、本学が支援している研究ユニットのワークショップを同時開催し、今後の連携をより深めるシンポジウムとなりました。


開会の挨拶(尾家学長)


Aini学長(UPM)の挨拶


プレナリー講演(大村教授)


プレナリー講演(Hidayah准教授)


調印式


オーラルセッション1


オーラルセッション2


ポスターセッション1


ポスターセッション2


閉会式


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ