文字サイズの変更
標準
閉じる

本学の戦略的研究ユニットが米国物理学会の学術雑誌(Phys. Rev. B)に投稿した論文が、当該雑誌のウエブサイトのフロントページで紹介されました

更新日:2018.05.08

 本学の戦略的研究ユニット化促進プロジェクト“高温超伝導体のさらなる転移温度向上を目指した物質設計ユニット”のメンバーがドイツ・中国のグループと共同で行った研究が、米国物理学会の学術雑誌(Phys. Rev. B)に掲載され、当該雑誌のウエブサイトのフロントページで紹介されました。

 これは鉄系超伝導体の超伝導発現機構を理解する上で重要な物理的知見を与える論文であり、同ユニットの特筆すべき成果です。

◇掲載論文
“High-pressure effects on isotropic superconductivity in the iron-free layered pnictide superconductor BaPd2As2” M. Abdel-Hafiez, M. Ohkuma, M. Mito, et al., Phys. Rev. B 97, 134508 (2018).


BaPd2As2の磁化曲線の結果であり、同物質が磁場に対して等方的な性質を有していることを示す実験結果

BaPd2As2の磁化曲線の結果であり、同物質が磁場に対して等方的な性質を有していることを示す実験結果


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
出前講義
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ