文字サイズの変更
標準
閉じる

日本物理学会英文雑誌 引用論文TOP10に選出されました

更新日:2018.04.27

 基礎科学研究系 量子物理学部門 美藤研究室で博士(工学)の学位を取得した鶴田一樹博士(現在、高輝度光科学研究センター 研究員)が2016年に日本物理学会英文雑誌に発表した論文“Discrete Change in Magnetization by Chiral Soliton Lattice Formation in the Chiral Magnet Cr1/3NbS2”が、日本物理学会英文雑誌に掲載された論文の中で2017年の1年間で被引用件数が多かったトップ10の論文に選出されました。



学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
出前講義
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ