文字サイズの変更
標準
閉じる

カナダ・オンタリオ工科大にて化学に関するシンポジウムや学生間交流を行いました

更新日:2017.11.22

カナダ・オンタリオ工科大学(UOIT)から本学には教員受入等の交流を続けていましたが、この度、平成29年9月23日(土)~30日(土)で、本学の学生(学部生1人・大学院生6人)のUOITへの海外派遣プログラムを実施しました。

 プログラムの内容は、化学に関するシンポジウム・授業聴講・研究室訪問・ UOITの目玉施設「Automotive Centre of Excellence (ACE) 」の見学等のアカデミックなプログラムと共に、カナダならではの大学施設のスケート場におけるアクティビティや学生だけによるパーティ等への参加です。

 シンポジウムは全員が英語での口頭発表を行いました。本学の派遣学生全員とUOITの学生計9名も発表を行い、優秀発表者には学生講演賞が授与されました。

 今年の12月にはUOITから教員が来学する予定になっており、今後もさらに物質や化学系の相互交流を深めていく予定です。


シンポジウム学生講演賞受賞者と窓口教員(左端 Prof.Jean-Paul Desaulniers)

シンポジウム学生講演賞受賞者と窓口教員(左端 Prof.Jean-Paul Desaulniers)

シンポジウムを終えて記念撮影

シンポジウムを終えて記念撮影

シンポジウム開催にあたり理学部長Prof. Greg Crawfordの挨拶

シンポジウム開催にあたり理学部長Prof. Greg Crawfordの挨拶

有機化学の授業風景

有機化学の授業風景


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ