文字サイズの変更
標準
閉じる

本学学生がタイ・キングモンクット工科大学トンブリ校メディア学部を訪問しました

更新日:2017.10.16

 平成29年度九州工業大学・明専会学生創造学習支援プロジェクトでは、工学部電気電子工学科4年生を中心として「将棋を通したユニバーサルコミュニケーションへの挑戦」を実施しております。本プロジェクトでは、電気電子工学科3年次科目のPBL実験での経験を活かし、将棋のルールを知らない初心者や外国人でも楽しむことができるガイド付き将棋システムを、技術部から技術支援を受けて製作しました。

 本プロジェクトメンバは、平成29年10月9日(月)と10月10日(火)に、タイのキングモンクット工科大学トンブリ校(KMUTT)メディア学部を訪問し、両大学におけるPBL活動について意見交換を行いました。また、本学教員と学生が、KMUTTメディア学部の3年次科目「ディジタル・メディア工学」と「ゲーム工学」の講義に参加し、プロジェクトの紹介とシステムのデモンストレーションを実施しました。

 今後も、研究と教育の両面において、KMUTTメディア学部との交流を促進してまいります。


集合写真

集合写真(意見交換会)

デモンストレーションの様子

デモンストレーションの様子

集合写真

集合写真(講義)

プレゼンテーションの様子

プレゼンテーションの様子


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ