文字サイズの変更
標準
閉じる

剽窃検知・独自性検証ツール「iThenticate」(アイセンティケイト)利用講習会を開催しました。

更新日:2017.07.20

 平成29年7月20日(木)に附属図書館AVホールにおいて、主に教育職員を対象として、研究成果や著作物の内容が、Web上で公開されている情報と比較してどれくらいの類似性があるかを事前にチェックする、剽窃検知・独自性検証ツール「iThenticate」(アイセンティケイト)の利用講習会が開催されました。

 発表予定論文や博士・修士論文等について、公開前にチェックすることで、引用の表記漏れをはじめとする意図しない剽窃や盗作が疑われる表現などを検出することができるもので、その利用方法と機能の限界を知ることができました。

 また、講演の様子は飯塚、若松にも中継され、同ツールの今後の有効活用が期待されます。


講演の様子①

講演の様子①

講演の様子②

講演の様子②


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ