文字サイズの変更
標準
閉じる

飯塚市・嘉麻市・桂川町 と包括連携協定を締結しました

更新日:2017.04.27

 本学は、飯塚市・嘉麻市・桂川町の各自治体と様々な分野において連携事業に取り組んできましたが、この度、2市1町と本学との間で、包括連携協定を締結し、平成29年4月26日(水)、飯塚研究開発センターにおいて調印式を執り行いました。

 近畿大学も3自治体と包括連携協定を締結し、2大学3自治体が一堂に会した合同調印式となりました。

 これまで各々で取り組んできた学術的分野(教育・文化の振興)や経済分野(観光や産業の振興)での連携の経験を活かして、さらに“まちづくり”や“ひとづくり”といった幅広い分野での連携強化を図り、地方創生の促進並びに行政が抱える様々な地域課題の解決に向けて相互に連携協力することを目指します。


左から順に、赤間幸弘市長(嘉麻市)・井原徹部長(近畿大学産業理工学部)・片峯誠市長(飯塚市)・尾家祐二学長(九州工業大学)・井上利一町長(桂川町)


協定書にサインする尾家学長

挨拶を行う尾家学長

協定書を手に記念撮影の様子


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ