文字サイズの変更
標準
閉じる

情報工学部 創設30周年記念フォーラムを開催しました

更新日:2017.03.28

 平成29年3月27日(月)、情報工学部において創設30周年記念式典および日本学術会議主催の公開シンポジウムを開催しました。
 アゴラ棟で実施した高校生向けイベントでは、模擬学習体験や平成30年度に予定している学部改組の説明を行い、100名を超える高校生及び高校教員で賑わいました。
 500人講義室では、記念式典及び日本学術会議第三部会員である萩谷昌己様による「情報学を定義する」と題した基調講演のほか、有識者によるパネルディスカッション「ICT社会を切り開く人材育成」を実施し、約250人が聴講しました。
 また、夕方からは学外で祝賀会を開催し、100名を超える学内外関係者が情報工学部創設30周年を祝いました。

この様子が、平成28年3月28日(火)西日本新聞筑豊版26面・朝日新聞筑豊版31面で取り上げられました。
◇西日本新聞(筑豊版)の記事は こちらから (情報工学部ウェブサイト)


梶原情報工学研究院長による式辞

高校生向け模擬学習体験

日本学術会議第三部会員 萩谷昌己氏による基調講演

有識者によるパネルディスカッション

祝賀会での来賓及び学内関係者


教育の取り組み

各種情報

このページのトップへ