文字サイズの変更
標準
閉じる

第50回BMIRCセミナー

更新日:2017.05.22

 リボソームによる翻訳の開始コドンはAUGですが、GUGやCUGなど非AUG開始コドンからの翻訳開始が最近注目されています。

 これらの非AUG開始コドンが幅広い生物種においてみられるのはどうしてなのでしょうか?

 原核生物では、例えばGUGコドンを使うことで翻訳開始をRNA構造変化によって効率よく調節することが可能になります。真核生物では非AUGコドンからの開始は通常は高くなく、翻訳開始因子のバランスが崩れると高まります。これを防ぐために真核生物には5MPと呼ばれる調節因子が存在します。5MPは癌化を促す因子です。非AUG開始コドンは癌抑制遺伝子や癌原性遺伝子の翻訳開始にも使われており非AUG開始コドンが癌化とその抑制にどう関連するのか考察します。

 皆さまのご参加をお待ちしております。

日 時: 平成29年7月6日(木) 13:00~14:30

会 場: 飯塚キャンパス 総合研究棟N712 (キャンパスマップ7)

演 目:「非AUG開始コドンの翻訳制御」

講 師: カンザス州立大学生物学科教授
    浅野 桂 氏

◇詳細はこちらから



教育の取り組み

各種情報

このページのトップへ