文字サイズの変更
標準
閉じる

建設社会工学科


強く美しく豊かな明日の都市デザイン


建築学系・土木工学系からなる建設工学に関する知識・技術を、総合的に扱う建設社会工学。「建設社会工学科」は、「建築学コース」と「国土デザインコース」の2つのコースで構成されています。
建築学コースでは、機能的で美しい建築や都市空間デザインの創造に必要な知識・技術を修得できます。
国土デザインコースでは、安全で豊かさを実感できる都市や地域環境の創造に必要な知識・技術を修得できます。
構造物の設計に必要な力学系、都市計画や建築計画に必要な計画系の知識を得ると共に、実験実習、設計製図や卒業研究を通して、技術者として必要な知識・技術を得ることができるのが、この学科の特色です。数学や理科などの基礎学力を身につけていて、能動的に勉学に取り組む意欲があり、さらに、自分の考えを論理的に表現できる人。そんなキミたちの入学が期待されています。

研究室イチオシの研究

都市や地域の自然・文化を活かした環境デザインの実践研究



伊東 啓太郎 准教授 環境デザイン研究室
都市や地域の自然・文化の特性を活かした環境計画・デザインの実践と環境保全手法、それを実現するためのしくみづくりに関する研究を行っています。環境デザインは、土木、建築、環境の分野をつなぐ設計・研究領域で、自然の美しさ、機能や地域の歴史や文化を読み解きながら、デザインを通して地域の新たな価値を生み出します。私たちは、地域社会と連携しながら、領域を繋いで学際的なプロジェクトを進めています。例えば、遠賀川魚道公園の設計では、河口堰を迂回し河川生態系のつながりを回復させるための設計を行い、グッドデザイン賞を受賞しました。また、ノルウェー、ドイツでの環境デザインワークショップやプロジェクトを通じて、自然に学ぶデザイン、地域性を考慮した環境デザインを実践しています。
環境デザイン・地域づくりの研究は、これまで蓄積されてきた景観生態学、都市計画や社会学の知識やアイデアをつなぎ、具体的にかたちにしてゆく実践的でとても楽しい研究分野です。


コース紹介

建築学コース

将来、機能的で美しい建築・都市空間デザインの創造に携わるために、このコースでは、建築構造、建築設備、建築環境などの「ものづくり」に必要な専門知識と、建築計画、建築意匠、建築史などの「建築デザイン」に必要な専門知識を習得し、設計製図などを通して「実践的なデザイン力」を修得します。

国土デザインコース

将来、安全で豊かな都市や地域環境の創造に携わるために、このコースでは橋梁、道路、河川、空港、港湾、ライフラインなどの「ものづくり」に必要な専門知識と、都市計画、交通計画、国土デザインなどの「しくみづくり」に必要な専門知識を習得し、実験、卒業研究を通して課題を発見・解決する実践力を修得します。

学生の声 勉強していること

土木は人の命を守る学問。人々が安心して住める街づくり


大久保 剛貴 さん
福岡舞鶴高校出身(福岡県)


九工大を選んだのは、1年次から専門科目が受けられるから。建設社会工学科は「土木」と「建築」が1つになった学科で、2年次に上がるときにどちらかのコースを選択します。自分は1年次に土木に興味を持ったため、土木系のコースに進みましたが、建築の授業もほとんど受けることができました。「土木」という学問は、構造物の設計などの力学的なものから、街づくりなどの法律的なものまで守備範囲の広い学問です。今までの講義全体を通して、これらがいかに多くの人々の暮らしを支えているかがわかりました。快適な暮らしだけでなく、多くの人の命を守ることのできる学問だと思いました。将来は、1人でも多くの人が安心して快適な生活を送れる、安全で住みやすい国や街をつくるために、行政官になりたいと思っています。現在研究で携わっている河川関係で仕事ができれば、最高だなと思います。


卒業生の声 私のチャレンジ


女性ならではの活躍で次世代に誇れるものづくりを


有須田 朋子 さん
清水建設株式会社 北陸支店土木部
工学部 建設社会工学科 卒業


インターンシップ参加をきっかけに、当社に入社。現在、北陸新幹線の橋梁の建設に施工管理者として携わっています。自分が作った図面や計画を基に作業が進み、無事に工事が完了した時にはやりがいを感じます。みんなで1つのものを作り上げていく喜びもあります。目標は、現場所長になること。気配りが行き届く現場づくりを目指します。


受験直前で選んだ建築の道。好きなことにつながる選択を


立川 恵理子 さん
大和ハウス工業株式会社 福岡支社 九州見積部
工学部 建設社会工学科 卒業


小さい頃から自分の家や好きなお店を設計したいと思っていました。現在、図面を読み取って見積りをする積算の仕事をしながら、さまざまな知識を学んでいます。将来は、建築と他分野をつなげて新たな価値を生み出すような設計者を目指しています。私は受験直前まで迷った末、小さい頃の夢につながる建築を選びました。皆さんも、自分がわくわくする方向に進んでください。


主な就職先


[ゼネコン]大林組、大成建設、鹿島建設、清水建設、前田建設工業、五洋建設、東亜建設工業、東洋建設、奥村組、戸田建設など [建設コンサルタント]日本工営、建設技術研究所、オリエンタルコンサルタンツ、西日本技術開発、福山コンサルタント、長大、大日本コンサルタント、オオバ、中央コンサルタンツなど[ 住宅・建材関連]大和ハウス工業、リクシル、住友大阪セメント、日鐵住金建材、太平洋マテリアル、宇部興産など [鉄鋼・橋梁関連]新日鐵住金、JFEエンジニアリング、三菱重工業、IHI、横河ブリッジ、川田工業、東京製綱など [公務員・公共事業関連]国土交通省、福岡県、北九州市、福岡市、大分県、宮崎県、高知県など [その他]日立製作所、九州電力、西部ガス、JR 九州など


このページのトップへ