文字サイズの変更
標準
閉じる

監査

監事

人数

九州工業大学の監事は2名で、いずれも学外者の非常勤です。
任命は、文部科学大臣が行います。

役割

九州工業大学の業務全般について監査を行います。
監査の結果に基づき、改善を要する事項があると認めるときは、学長又は文部科学大臣に意見を提出することができます。
役員会、経営協議会、教育研究評議会等、業務運営に関する重要な会議に出席して意見を述べることができます。

任期

監事の任期は4年(財務諸表承認時まで)です。ただし、補欠の監事の任期は、前任者の残任期間です。
なお、監事は再任されることができます。

関係規則等

監査室

設置及び体制

監査室は、内部監査及び監事業務の支援等の業務を行いますが、監査の独立性・中立性を確保するため、業務執行ラインから独立した学長直轄の組織として設置され、監査室長、監査係で構成されています。
内部監査は、本学の業務運営が諸規程に基づき適切に執行されているか等について監査する業務監査と、本学の会計処理が諸規程及び正当な証拠書類等により処理・記録・管理されているか等について監査する会計監査があり、書面及び実地により監査を行います。
また、監事及び会計監査人と連絡調整し、監査の重複をさけ、リスクアプローチの観点から監査を実施します。

関係規則等

監査結果報告書等

監事監査・内部監査結果報告書及び監査結果への対応票(学内限定)

◇結果についてはこちらより


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ