文字サイズの変更
標準
閉じる

情報工学府アドミッションポリシー

大学院博士前期課程

技術者及び研究者としての養成目標

情報科学・工学の知識を基礎として、情報技術の発展に有用な基盤技術を開発したり、いろいろな分野の科学技術との融合によりさまざまな課題に対処できる新しい情報システムを構築したり、更にIT革命に合わせて社会の仕組みの変革に貢献できるような、高度ICT技術者及び情報技術を幅広い分野で応用できる高度技術者・研究者の養成を目指しています。

求める人材 

(1)情報工学及び対象分野に関する基礎学力を十分に修得しており、(2)社会の動向に関心をもって新たな課題を探究し、(3)その解決のために前向きな姿勢をもって努力を惜しまず、(4)十分なコミュニケーション能力を有して人と協調して問題解決に当たれる人材を求めます。

一般選抜で受け入れる人材

(1)技術者に必要な基礎学力と情報工学専門分野の知識を修得し、自然現象を科学的に理解でき、(2)外国語によるコミュニケーションのための基本的能力を修得し、(3)問題解決に必要な論理的思考力、分析力、説明能力を修得している人材を受け入れます。

社会人特別選抜で受け入れる人材

(1)社会人技術者・研究者としての経験を活かして、最新の知識・技術を体系的に修得し直すことで、社会の発展に寄与しようとする強い意欲を有し、(2)技術者に必要な基礎学力と情報工学専門分野の知識を修得し、自然現象を科学的に理解でき、(3)外国語によるコミュニケーションのための基本的能力を修得し、(4)問題解決に必要な論理的思考力、分析力、説明能力を修得している人材を受け入れます。

外国人留学生特別選抜で受け入れる人材

(1)技術者に必要な基礎学力と情報工学専門分野の知識を修得し、自然現象を科学的に理解でき、(2)問題解決に必要な論理的思考力、分析力、説明能力を修得している人材を受け入れます。

先端情報工学専攻

技術者及び研究者としての養成目標

情報技術の発展に有用な先端的基盤技術を開発するための情報科学・情報工学とその応用領域に関して、知能情報工学又は電子情報工学のいずれかの専門分野において研究・開発・問題解決等を実現するための能力を修得し、各専門分野で活躍できる人材の養成を目指しています。

求める人材

(1)情報技術の発展に有用な先端的基盤技術を開発するための情報科学・情報工学とその応用領域に関して、知能情報工学又は電子情報工学のいずれかの基礎学力を十分に修得しており、(2)社会の動向に関心をもって新たな課題を探究し、(3)その解決のために前向きな姿勢をもち、(4)人と協調して問題解決に当たるための十分なコミュニケーション能力を有する人材を求めます。

学際情報工学専攻

技術者及び研究者としての養成目標

情報科学・情報工学の基盤技術の成果を活用・展開して学際領域を開拓するための境界領域に関して、システム創成情報工学、機械情報工学、生命情報工学のいずれかの専門分野において研究・開発・問題解決等を実現するための能力を修得し、各専門分野で活躍できる人材の養成を目指しています。

求める人材

(1)情報科学・情報工学の基盤技術の成果を活用・展開して学際領域を開拓するための境界領域に関して、システム創成情報工学、機械情報工学、生命情報工学のいずれかの基礎学力を十分に修得しており、(2)社会の動向に関心をもって新たな課題を探究し、(3)その解決のために前向きな姿勢をもち、(4)人と協調して問題解決に当たるための十分なコミュニケーション能力を有する人材を求めます。

情報創成工学専攻

技術者及び研究者としての養成目標

社会情勢の変化により産業界で発生したさまざまな問題から課題を拾い上げ、最新の情報技術を原動力に、実務的な解決・実現を図る道筋作りのための知識を修得し、社会のニーズに基づく産学連携を推進して、情報技術で社会を駆動していく姿勢を身につけた人材の養成を目指しています。

求める人材

(1)先端的基盤技術を開発するための情報科学・情報工学とその応用領域又はそれらの成果を活用・展開して学際領域を開拓するための境界領域のいずれかの基礎学力を十分に修得しており、(2)社会の動向に関心をもって新たな課題を探究し、(3)その解決のために前向きな姿勢をもち、(4)人と協調して問題解決に当たるための十分なコミュニケーション能力を有する人材を求めます。

大学院博士後期課程

技術者及び研究者としての養成目標

情報科学・情報工学の高い専門性に基づいて、情報技術の発展に有用な先端的な基盤技術を開発したり、いろいろな分野の科学技術との融合により実在する種々の課題に対処できる革新的な情報システムを構築したり、更にIT技術の将来を先取りし社会の仕組みまでを変革するグローバルリーダーとなり得るような、最先端の情報工学的アプローチを総合的に取り扱うことのできる姿勢を身につけた人材の養成を目指しています。

求める人材

(1)先端的基盤技術を開発するための情報科学・情報工学とその応用領域又はそれらの成果を活用・展開して学際領域を開拓するための境界領域のいずれかにおける問題解決能力を修得しており、(2)研究開発の社会的波及効果を理解しながら未知の課題を探究し、(3)その解決のために情報工学的アプローチを用いて努力する強い意志と前向きな姿勢をもち、(4)人と協調して問題解決に当たるための日本語と外国語による十分なコミュニケーション能力を有する人材を求めます

一般選抜で受け入れる人材

(1) 情報工学・技術の研究開発に必要な問題解決能力を実践的な高度技能として修得し、(2)外国語によるコミュニケーション能力を身に付け、情報専門分野の新技術等を提案・公表するために必要なプレゼンテーション能力を修得し、(3) 未知の専門的課題に対して、その解決に向けた計画立案と作業の管理能力を修得している人材を受け入れます。

社会人特別選抜で受け入れる人材

(1)社会人技術者・研究者としての経験を活かして、最新の知識・技術を体系的に修得し直すことで、社会の発展を牽引しようとする強い意欲を有し、(2) 情報工学・技術の研究開発に必要な問題解決能力を実践的な高度技能として修得し、(3)外国語によるコミュニケーション能力を身に付け、情報専門分野の新技術等を提案・公表するために必要なプレゼンテーション能力を修得し、(4) 未知の専門的課題に対して、その解決に向けた計画立案と作業の管理能力を修得している人材を受け入れます。

外国人留学生特別選抜で受け入れる人材

(1) 情報工学・技術の研究開発に必要な問題解決能力を実践的な高度技能として修得し、(2)コミュニケーション能力を身に付け、情報専門分野の新技術等を提案・公表するために必要なプレゼンテーション能力を修得し、(3) 未知の専門的課題に対して、その解決に向けた計画立案と作業の管理能力を修得している人材を受け入れます。


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ