文字サイズの変更
標準
閉じる

機械情報工学科

学科の紹介

機械情報工学科では情報工学に機械工学を融合することにより、機械と人間がよりよく共生できるようにすることを目指しています。そのために、ロボットからマイクロマシンにいたるまで、次世代の機械をデザインできる技術者を育成しています。興味や将来の進路に合わせて以下の3つの分野で学ぶことができます。
ロボット分野:ロボット技術は、自動車製造、半導体産業など多方面で応用されています。機械と情報を融合させたシステム設計技術を身に付け、幅広く活躍できる人材を育成する教育を行います。
マイクロ分野:発展著しいマイクロ/ナノ技術を学び、製造業をはじめ医療や人間に関わる技術に応用します。精密システムで社会を支える人材を育成する教育を行います。
3Dデザイン分野:新製品、新技術を開発する、設計技術を学びます。情報技術と融合したデジタルエンジニアリング、3D統合シミュレーションを身に付け、新しいメカの創出で人類と社会に貢献する人材を育成する教育を行います。
本学科の卒業生は、ロボット、半導体製造、自動車をはじめ、デジタル家電から重工業、官公庁まで幅広い業種で活躍しています。また、多くが大学院に進学しており、専門分野の研究をさらに深める道も開かれています。

教育方針

機械情報工学科の教育方針は、情報工学部の教育方針をご覧ください。

機械情報工学科/専攻 オリジナルサイト

教育内容・研究案内・進路情報などさらに詳しい学科・専攻の情報がご覧いただけます。

※別ウィンドウが開きます。


このページのトップへ