文字サイズの変更
標準
閉じる

2018年 新たな一歩を踏み出す九工大

2018年度(平成30年度)に工学部、情報工学部の学部改組を計画しています。 九工大の特色を生かし強みを鮮明にした学科の再構成と、それらの学科の中でより専門性を高めたコース設定。さらに「類別入試」を導入し、適切な学修、進路選択へと導きます。

⇒2018年(平成30年)4月以降の学部・学科

機械知能工学専攻

専攻の紹介

機械知能工学専攻は、人類の築いてきた知識、経験をさらに発展させ、21世紀の循環型社会構築の要請に応えうる高機能、高性能、高品質の工業製品の設計生産技術を確立することを目指し、機械工学、制御工学、知能工学、宇宙工学の分野を中心とし、幅広い多様な教育・研究を通して、広い視野を有し、創造性、応用力、挑戦力に富んだ高度な研究能力や技術開発能力を持つ人材を養成します。そのために、最先端科学技術に十分対応できるよう、基礎から応用までの幅広い総合的・横断的教育研究を行います。

コースの概要

機械工学コース

今後も新しい「ものづくり」の中心的役割を担うのが機械工学です。本コースでは、宇宙工学コースと連携して、1)材料に要求される様々な機能・強度を実現するための各種新素材や機能材料の力学的挙動の解明と機能発現・強度評価、2)機械や装置の生産に関係する加工現象解析、加工装置の性能向上、設計から生産に至る情報処理やそれを統合するシステム技術、3)熱流体エネルギーの変換と高効率利用、熱流体・粒子間の力学的相互作用によって発生する諸現象の解明と応用を核とした教育研究を行い、幅広い視野を持つエンジニアを養成します。
コースの特徴・授業科目・研究室・卒業後の進路がご覧いただけます。

宇宙工学コース

宇宙開発をはじめ次世代に向けて期待される新技術の開発、地球環境やエネルギー問題の解決のためには宇宙空間に代表される特殊環境に対応できる数々の要素技術と新規応用技術が必要ですが、材料、熱・流体、生産などの機械工学の側面から解決すべき課題が数多く残っています。宇宙工学コースでは、過酷極限条件下において使用される機械要素、装置及びシステムの基礎と応用に関する教育と研究を機械工学コースと連携して行い、先端工学への牽引的役割を目指します。
コースの特徴・授業科目・研究室・卒業後の進路がご覧いただけます。

知能制御工学コース

種々の動的な装置には、高性能化、小型化、高知能化技術、あるいは人間に優しいなどの特性が要求されます。本コースではこのような要求にこたえるために、制御工学、知能工学、計測工学、電気工学および機械工学などからなるメカトロニクスを中心とした教育研究を行います。
コースの特徴・授業科目・研究室・卒業後の進路がご覧いただけます。

機械知能工学科/専攻 オリジナルサイト

教育内容・研究案内・進路情報などさらに詳しい学科・専攻の情報がご覧いただけます。

※別ウィンドウが開きます。

※別ウィンドウが開きます。


このページのトップへ