文字サイズの変更
標準
閉じる

2018年 新たな一歩を踏み出す九工大

2018年度(平成30年度)に工学部、情報工学部の学部改組を計画しています。 九工大の特色を生かし強みを鮮明にした学科の再構成と、それらの学科の中でより専門性を高めたコース設定。さらに「類別入試」を導入し、適切な学修、進路選択へと導きます。

⇒2018年(平成30年)4月以降の学部・学科

電気電子工学専攻

専攻の紹介

電気電子工学専攻は、半導体とソフトウエア技術を中心とした高度情報通信社会と環境に調和した高度エネルギー社会の発展に電気・電子工学という基盤分野からの貢献を目指し、高度な専門知識と技術によって社会的ニーズに応えることのできる人材を養成します。
そのために、電気エネルギー、電子物性、電子デバイス、電子機器、通信システム、センシングシステム、ネットワークシステム、信号処理システム及びこれらを有機的に結合するためのシステム化技術に関する教育研究を行います。

コースの概要

システムエレクトロニクスコース

ディジタルテレビ、携帯電話、自動車の電子制御ユニットなど、マイクロプロセッサを組み込んだ高度な電子システム製品が多くなっています。
本コースでは、アナログ・ディジタル回路、プログラミングなどの基礎技術から、センシング・制御技術、画像・音声信号処理技術、通信・ネットワーク技術などのシステム要素技術、およびこれらを統合するシステム化技術についての教育研究を行います。

コースの特徴・授業科目・研究室・卒業後の進路がご覧いただけます。

電気エネルギーコース

巨大エネルギーシステムから分散型電源・自動車・宇宙に至るまで、これからの環境調和高度エネルギー社会をインフラとして支える電気エネルギーの発生・輸送・消費・貯蔵に関する様々な技術課題について教育研究を行います。

コースの特徴・授業科目・研究室・卒業後の進路がご覧いただけます。

電子デバイスコース

超高速・超高密度情報記録、高出力素子から固体照明まで、次世代の電子デバイス技術を、半導体を柱にしたデバイス材料の開発と応用、デバイス化プロセス、新機能デバイスの開発に関する技術課題の教育研究を行います。

コースの特徴・授業科目・研究室・卒業後の進路がご覧いただけます。

電気電子工学科/専攻 オリジナルサイト

教育内容・研究案内・進路情報などさらに詳しい学科・専攻の情報がご覧いただけます。

※別ウィンドウが開きます。


このページのトップへ