文字サイズの変更
標準
閉じる

2018年 新たな一歩を踏み出す九工大

2018年度(平成30年度)に工学部、情報工学部の学部改組を計画しています。 九工大の特色を生かし強みを鮮明にした学科の再構成と、それらの学科の中でより専門性を高めたコース設定。さらに「類別入試」を導入し、適切な学修、進路選択へと導きます。

⇒2018年(平成30年)4月以降の学部・学科

情報工学部の紹介

[飯塚キャンパス] 所在地:福岡県飯塚市川津680-4(地図)


現在の「IT革命」に代表される、高度に情報化された社会に対応すべく、昭和61年(1986年)に開設されたのが、情報工学部です。我が国最初のコンピュータサイエンスの総合学部であり、先端的情報科学と、その応用対象となる分野の工学の融合を志向しています。

真の情報化社会の実現には、あらゆる分野において情報化を推進できる人材が必要です。しかし、専門分野ごとに細分化された学問体系では、情報に関して広い視野を持ち、世界をリードするような優れた人材の育成は困難です。そこで本学部では、情報科学のしっかりした基盤の上に、従来の工学に基づく対象分野の学問を乗せる形で、体系を構築しました。

本学部で養成するのは、次世代情報化社会の担い手となる、創造的、意欲的な技術者、研究者(高度専門職業人)です。このため教育の目的は、短期的な実務能力よりもむしろ、息長く活躍できるための基礎能力の育成で、数学、理科などの基礎学力をもち、高度職業人を目指す学生を求めています。
なお、大学院として、先端情報工学、学際情報工学、情報創成工学(博士前期課程)、および情報工学(博士後期過程)の4専攻をもつ情報工学府が設置されています。

平成18年度には情報工学部の5学科すべてが、社会の要求水準を満たす教育プログラムとして日本技術者教育認定機構(JABEE)から認定されました。これにより、修了生には国家資格である「技術士」の1次試験が免除されます。さらに、アメリカ、イギリス、カナダなどのワシントン協定加盟国においても、それらの国の認定プログラム修了生と同等と認められます。


学部の構成


情報工学部

情報工学部/大学院情報工学府 サテライトサイト

情報工学部/大学院情報工学府では独自にホームページを運営しています。
情報工学部/大学院情報工学府に関する情報を詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

※別ウィンドウが開きます。


このページのトップへ