文字サイズの変更
標準
閉じる

2018年 新たな一歩を踏み出す九工大

2018年度(平成30年度)に工学部、情報工学部の学部改組を計画しています。 九工大の特色を生かし強みを鮮明にした学科の再構成と、それらの学科の中でより専門性を高めたコース設定。さらに「類別入試」を導入し、適切な学修、進路選択へと導きます。

⇒2018年(平成30年)4月以降の学部・学科

電子情報工学科

学科の紹介

電子情報工学科では、半導体や電子回路を扱う電子工学(エレクトロニクス)、コンピュータの原理とその応用に関する技術である計算機工学(コンピュータ・LSI)、及びインターネットや携帯電話などに代表される情報通信工学(ネットワーク・システム)の、3分野を融合する総合的学際領域の教育・研究を行っています。
講義では、電磁気学、電子回路などを始めとして、ワークステーションを使った情報処理、LSIの設計と製作、太陽電池、光通信、超伝導、インターネット技術など最先端の技術までを、それらの中で最も重要な基礎を中心に総括的に学びます。これからの情報化社会に柔軟に対応できる実践力をバランスよく学び、高度な情報化システムを創造できる新しい時代の技術者の育成を目指しています。現象の解明などの基礎から、装置の開発などの応用まで、様々な段階の研究が行われていることも特徴であり、卒業研究などを通じてこれらを体験できます。
本学科の卒業生はハードウェアとソフトウェアの両面に明るいと評判が高く、半導体、通信機、計算機、家電、重工業などのメーカー、通信事業会社、商社、銀行はもとより官公庁でも活躍しています。また、大学院へ多くの学生が進学しており、専門分野の道を究めることができます。

教育方針

電子情報工学科の教育方針は、情報工学部の教育方針をご覧ください。

電子情報工学科/専攻 オリジナルサイト

教育内容・研究案内・進路情報などさらに詳しい学科・専攻の情報がご覧いただけます。

※別ウィンドウが開きます。


このページのトップへ